次世代セキュリティスイッチ「SubGate」

※「SubGateAP」のお取り扱いについてはこちら

ネットワーク環境を安全に守る「SubGate」
年々進化しているサイバー攻撃、もはや感染を100%阻止することは不可能です。SubGateは新種のコンピュータウイルスに感染しても被害範囲を最小限化し、内部の二次被害を防ぎます。

  • ワームなど、ウイルスの拡散防止
  • 各種有害トラックによる内部攻撃遮断
  • 通信傍受(ARP-Spoofing)攻撃遮断で情報漏洩防止
  • ハッキングによる盗難・盗聴・情報漏洩防止

アクセスレベルで実現する事ができる最適な内部ネットワークセキュリティ高精度および期待効果

  • 最適なネットワークセキュリティ構成度(ユーザーPCの近くにSubGateを設置)

– DoS/DDoS/DHCP/Attack、Worm、Botによる有害トラフィックおよびARP Spoofing遮断
– TCP Syn/UDP/MAC fiooding、IP Spoofing、MAC Spoofing、Scannig遮断
– 管理者によるフィルターあるいはパターンアップデートなしで有害トラフィックを自動遮断
– 有害トラフィック遮断時にも正常トラフィックはWire-Speedを維持しながら通過する。
– リアルタイム遮断状況および詳細遮断リスト確認が容易(Monitoring&Reporting機能)
– 遮断しないトラフィック類型指定が可能で、最適な内部セキュリティ効果を得る事ができます。

※当社は株式会社サブゲート (旧社名:ハンドリームネット株式会社)の正規販売代理店です。
 

東京ソフト株式会社
〒140-0002 東京都品川区東品川4-10-27 住友不動産品川ビル5F
Tel:03-5781-5472 Fax:03-5781-5482
担当者:湯元・合田・盛田
E-mail:nw-group@ml.tokyosoft.com

 

m_btn    
ページ上部へ戻る